ON LINE SHOP ショップトップ>とっておきのかばん

Special
とっておきのかばん
一級帆布×柿渋染め
『巧のかばん』
  

●当品は表地の赤柿渋だけでなく、裏地にも薄柿渋の帆布を
 使った当店だけの特注仕様のオリジナル品です。

私たちの国には古来悠久から伝わる機能的な素材や優れたものづくりの技法があります。熟練した職人が自然と対話しながらゆっくりと時間をかけてそれらを 紡いだ時に、使うほどに心地よさと味わいを醸し出す逸品が生まれます。親から子へ、子から孫へ・・・
百年の時を経て受け継がれてもさらに価値を増して、使う人の手に馴染む品。特別な仕様でお作りした「巧のかばん」をみなさまにお届けします。

□動画でも商品をご紹介しています。 >こちらをクリック
□人気の秘密・詳細は日記で。(1) >こちらをクリック
□人気の秘密・詳細は日記で。(2) >こちらをクリック

●一級帆布・永年補修制度

帆布のかばんは多々あれど、「巧のかばん」はモノが違います。使っているのは、国内最高ランクの品質を誇る(旧)JIS規格6号一級帆布。強度と耐久性に特に優れた素材です。通気性が高いため蒸れずに、 摩擦による静電気も発生しません。使い込むうちに、自然素材ならではの独特の風合いを醸し出します。柿渋染め防衛省特注の軍用バッグの生産実績をもつ国内有数の高い技術力を誇るVanNuysの工場で、万全な品質管理の元、裁断から縫製まで一品ずつていねいに手作りしてお届けします。
修復可能な状態なら、実費と送料だけで責任を持って可能な限り原型にお戻しする「永年補修制度」を採用しています。(修理の可否と料金の目安など詳細は事前にご相談下さい。)

柿渋染め
●琵琶湖畔の柿渋染め

防水、防腐効果をもつ柿渋染めは、古くから漆器、傘、酒袋、魚網、うちわなどの下地に使われてきました。柿渋染めを名乗っても、化学薬品にわずかな柿渋を混ぜた品がはびこっていますが、当品は3年の間じっくりと熟成 した柿渋液を化学薬品を一切加えず、天然のまま使用しています。本物の柿渋で染めた布は空気中の酸素による酸化、太陽光の紫外線、温度や湿度によって微妙に色彩の濃度が増していくため、作業は経験豊かな職人が必ず晴れると判断した日の午前中にしか行いません。気候や天候の変化で一品ずつ違う表情をもつかばんが誕生します。「巧のかばん」は見えない所にも手間を惜しまず、何と裏地にも色違いの柿渋染めの生地をあて、強度と使い心地をさらに高めています。

柿渋染め
巧のかばん [お仕事かばん]
ファスナー付きフラップポケット、フロントツインポケットに小物をたっぷり収納、出張にも使えるビジネスバッグです。携帯電話ケースとショルダーベルト付き。
柿渋染め■限定販売数/毎月10個 
■素材・仕上げ/一級帆布・柿渋染め
■サイズ 幅370×高さ280×厚み135mm
  (持ち手・携帯電話ケース含まず)
■重さ980g


商品コード
商品名
価格
個数を選択してください
K0004
巧のかばん
[お仕事かばん]
34,500円(税込)
個数 個 
柿渋染め
巧のかばん [お出かけかばん]
休日のお買い物、図書館で調べもの…、ちょっとしたお出かけ時に重宝する肩掛け式のかばんです。リュックにもなるので、山歩きや、お散歩バッグにも最適です。
柿渋染め
■限定販売数/毎月10個 
■素材・仕上げ/一級帆布・柿渋染め
■サイズ 幅250×高さ290×厚み130mm
  (持ち手・携帯電話ケース含まず)
■重さ850g


商品コード
商品名
価格
個数を選択してください
K0001
巧のかばん
[お出かけかばん]
28,500円(税込)
個数 個 
柿渋染め
巧のかばん [旅行かばん]
二泊程度の旅行の荷物がたっぷり入る、収納効率の高い角形の旅行かばんです。ポーチは着脱式で小物入れとして本体にしまったり、旅先でショルダーポーチに。
柿渋染め■限定販売数/毎月5個 
■素材・仕上げ/一級帆布・柿渋染め
■サイズ 幅420×高さ340×厚み190mm(持ち手含まず)
■ 重さ1260g
【ポーチ】(かばん本体に着脱可能)
■幅270×高さ200×厚み35mm(持ち手含まず)
■重さ340g


商品コード
商品名
価格
個数を選択してください
K0002
巧のかばん
[旅行かばん]
39,200円(税込)
個数 個 
柿渋染め
巧のかばん [眼鏡ケース]
お出かけかばん、旅行かばんのどちらにも取付けられます。

※眼鏡ケースはお出かけかばん、または旅行かばんとセットでお求め下さい。単品のご注文はお受けしておりません。

■素材・仕上げ/一級帆布・柿渋染め
■サイズ 幅80×高さ170×厚み30mm
■重さ75g


商品コード
商品名
価格
個数を選択してください
K0003
巧のかばん
[眼鏡ケース]
4,000円(税込)
個数 個 
[ お届け日数の目安 ]

「巧のかばん」は、毎月製作数量限定で、ご注文をいただいた分を一品ずつていねいに手作りでお仕立てしますので、ご注文日状況により10〜20日前後の納期を頂戴します。販売数満了後のご注文は翌月以降の注文分に繰り入れさせて頂きます。その際は、お客様にメールやFAXでご連絡させていただきます。


[ ご注意 ]

「巧のかばん」は表地が赤柿渋、裏地が薄柿渋と2種類の染め地を使用しています。気候や太陽の照り具合など自然の力に発色を委ねるため、製作時期ごとに製品の色合いが微妙に異なることをご了承下さい。また、WEBサイトでは柿渋染め独特の色合いが十分に再現できませんが、屋外で太陽光にあてた時の生地色は「お仕事かばん」、室内で見た時の生地色は「お出かけかばん」の写真に近い色合いです。サイズと重さの表示は概算値です。また、納品先は日本国内のみとさせていただきます。

柿渋染めの豆知識

【柿の種類】
日本国内の柿の種類は、約1000種類もあります。「富有柿」や「次郎柿」が食用の甘柿として有名です。一方、柿渋染めに用いる柿は、「ヤマ柿」、「アブラ柿」、「マメ柿」などのいわゆる渋柿。とても口に出来ない渋みの強い品種です。

【染料用柿の生産地】
岐阜県の揖斐川町(赤壇子柿・鶴の子柿)や、京都府の山城地区(天王柿・青曽柿)、広島県の因島(祇園坊柿)の他、奈良県(一法蓮坊柿)や富山県(若宮柿)で生産されています。

【柿渋の歴史】
4〜5世紀頃には、中国に柿渋染めが存在したとされています。日本では、平安時代に山伏が着衣に柿渋染めを使用していました。鎌倉時代になると、平家物語に「柿の衣」、源平盛衰記に「カキノキモノ」という、柿渋染めの衣類の記述があります。1603年の日葡辞書(日本語ーポルトガル語の辞書)には、Xibu(渋)やXibuzome(渋染)という単語が見られます。1705年に著された貝原益軒の「萬寳鄙事記」では、「柿染めの法」が記され、藍染めを職業とした「紺屋」に対し、柿渋染めを職業とした「柿染め屋」の存在が記されています。

【柿渋染めの雑学】
柿渋染めで仕立てられた山伏の法衣には、宗教的に山中の瘴気をさける力があると信じられていました。柿渋染めは本来、山伏のように自分たちと異なる世界に生きる人の着衣の色とされ、武士に柿渋染めの着用を禁止した時代もありました。長野県には、木綿の白生地を柿渋で何度も染めた「渋よっこぎ」と呼ばれる山袴があり、濡れても水切れがよく丈夫なので激しく山野を駆けめぐり、渓流で魚を追う生活に好適だったと伝えられています。

シルクミルクロゴCopyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ